cdnUrlPath=/婚外恋愛=cdnUrlPath

人生一度。 不倫をしましょう

浮気:秘密のリエゾン

浮気


その甘い誘惑は何千年もの間繰り返されてきました。人類が結婚制度を思いついてから 不倫の魅力に負けてその取り決めをやぶる男女がいます。それは小説となり、歌や映画の題材となって表現されてきました。では、この 裏切り人間の本来のサガの一部なのでしょうか?社会ではそれを強く否定しています。

事実、人は姦淫はよくないと判断してきました。聖書にさえ2章にわたり不実の行為を罪とすることについて述べられています。

しかし、正直なところ、心理学や科学の知識をもつ数千年も前のことで、Googleは開発者の眼中にもありませんでした。まあ、技術的なことなど誰の眼中にもなく、情報はモーテルに泊まる金持ちほど信頼性にかけるものでした。人間は基本的に野蛮であり、結婚の制度は社会構造、文化的青写真、そしておそらく最も重要な経済的安定感を確立するための方法でした。

今日に向かって早送りすると私たちは一見別の次元に住んでいるかのようです。私たちは感情的なレベルで他人と私たちの安定を築くために私たちは結婚し、一方、私たちの経済的安定はもはや生死の問題ではありません。新しい世代の中には、結婚と考えるだけで尻込みする人もいます。それで?人々は結婚を避けているでしょうか、それとも結婚の規則について新しいパラダイムでもあるのでしょうか?

私たちはオープンマリッジの概念を指摘できます。それは主流の社会のにとってタブーであり魅力でもある話です。この2017年のニューヨークタイムズの記事(3))では、非一夫一婦のカップルの幸福の可能性と、結婚外恋愛が実際的な可能性になる理由について考察しています。

この魅惑的な出会い系の世界は、オンラインの恋愛サイトで、これまでにない目立ない方法でなんぱするのを容易にするのにテクノロジーが果たす役割です。アプリやWebサイトは、なんぱ文化の独身者にとっては非常に一般的なので、浮気するのに安全なこの場所は好奇心旺盛で明らかに結婚に満足していない、年上の既婚者の間に広がっています。

しかし、最初にスクラッチレコードのサウンドをすばやく挿入して一歩下がって見てみましょう。より伝統的な結婚観を持っている人たちにとって、無料の恋愛ウェブサイトなど考えただけで激しい嫌悪感を引き起こすかもしれません。それで行為が起こり、それは深刻な心理的ダメージの原因となります。 それでも、幸せな結婚生活を送っている人々でさえ、密かな浮気のスリルに負けてしまいます。浮気を生き残る希望はあるでしょうか?実際に既婚の男性が浮気から望んでいることは何でしょうか。さらに言えば、既婚女性は恋愛感情だけを望んでいるのでしょうか?疑問は深まります。

不倫はエロチックであなたの心臓をドキドキさせてくれるものです。

恋愛の定義


サプライズ!恋愛には決まったルールがないため、恋愛の定義に関する同意はありません。それは性交をともないますか?キスもカウントされますか?サイバー上でいちゃつくのはどうですか?ポルノを見ることは契約違反ですか?それは感情的な裏切りですかその答えは通常、潜在的にも上記のすべてに対して「はい」です。

それが迷惑行為になる場合、一つの一貫した共通点があるようです。結婚はしばしば、配偶者が満たすことができない自己認識への根強い必要性を抑制するようです。その失われた性質を再燃させるスリルは、浮気をする事に対して圧倒的に青信号を出します。

Esther Perelは、人間関係に関する研究と安全と自由のバランスをとるという課題で有名な心理療法士です。彼女のテッドトークの中で彼女は次のように述べています。(4)「死と死の運命は浮気の陰に潜んでいる。なぜならこういった疑問が持ち上がるから。これで終わりなのか?まだ先があるのか?この先25年このままなのだろうか?またあんな気持ちになることがあるだろうか?」

Perel氏によると、不倫の一線を超える決心は存在する危機の根底をつくよりもさらに大変な心理的分析なのです。率直に言って、浮気は死に対する嘲笑です。

既婚者同士の出会いがうまくいったその末は!

男性は婚外恋愛から何を望んでいるでしょうか?


ああ、男性の年齢によります。簡単な答えは、種の拡散という古い隠喩です。男性には、結婚の避けられないルーティンが続くにつれて単に新鮮味を失う性的ニーズがあります。これに加えて、妻の注意は潜在的に子供を育てることに集中するようになり、性的な可能性はますます遠のきます。男性は疑いなく視覚的な生き物であり、結婚した大人のための出会い系サイトは、最も道徳的に健全な個人にさえも止められないうっとりとするようなひと時をを与えてくれます。

情熱的なカップル

なぜ女性は浮気するのか?


さて、女性側の精神を見てみましょう。ここでの固定観念は、女性は夫が提供することができない熱い感情的なつながりを求めているということです。それは本当ですが、私たちは慣習をひっくり返し、女性にも何らかの肉体的ニーズがあることを示唆することによってこれを打ち消す必要があります。それを大局的に考えると、National Opinion Research Centerによる2010年のある調査では、過去20年間で、婚外恋愛を認めた女性の数が40%増えたことがわかりました。(5)そしてそれはあくまでも認めた女性に限った数です。それで女性が浮気する原因は?おそらく浮気する妻は多くが男性浮気者と同じくらい必要や欲望を抱えているのでしょう。ヒントとしては確実にそうです。一般の原因は大きく異なるかもしれませんが、セックスレスの結婚は非常に一般的でありポリアモリー (複数恋愛)同様です。

男性は感情的な恋愛をするでしょうか?


そう!それは、男性が不倫する最も一般的な2番目の理由は、妻との感情的なつながりがなく、他の女性と交際することで、誰かとつながっていることの気持ちを思い出させるためです。社会で言われていることと違い、男性は別のことも求めています。そして男性の心理を「奥さんいじめ=不倫」と一般化することは実に失礼です。男性の中には密かに同性愛者がいて、オンラインで他の同性愛者の男性とやっとつながりを持つ人もいます。女性が夫に持てる信頼は立場が逆の時と同様です。二重的基準が非難されるのが当然のこと。それが次のポイントにつながります…

見ての通り、婚外恋愛は情熱的なものです!

サポートがない/間違ったサポートシステム


人間は部族的であり、まわりの行動にお互いが強く刺激されます。もし既婚男性のソーシャルサークルがストリップクラブ通いとフックアップアプリの推奨で構成されている場合、これはその男性が追求するライフスタイルであるという可能性はかなり高いです。男性の親友のコミュニティーを持っていない男性にとっては、それぞれの声が新しいパートナーという形のサポートシステムを明示するかもしれません。浮気する既婚男性はつながりの不足が原因で始まります。

女性にも同じことが言えます。部族的メンタリティは、女性が性においても、強く当てはまりまります。なぜなら女性はより社会的な性だからです。女性のソーシャルサークルの中のゴシップや意見は、特にグループが自己啓発として「熱い恋」を見つける助けとなりうる場合、彼女のチョイスに大きな影響を与える可能性があります。反対に、女性に自分の感情的な欲求を理解してくれるサポートシステムがない場合、浮気に走ることは切羽詰まった行為でもあり、アドレナリンを一時的に高めるためでもあります。

外に出たい/閉じ込められた感じがする:


一夫一婦の生活が何年も積み重なるにつれて、古い実存的な声が再び囁くかもしれません。パートナーのどちらかが、自分の結婚相手と一緒にいるのに飽きたり、不安になったり、閉じ込められたりしたと感じる場合は、不倫や密かな出会い追及への扉を開くことになるかもしれません。夫婦の間でコミュニケーションがあり、もっと違ったライフスタイルを送るケースでは、ポリアモリーデート も選択肢の一つかもしれません。 

情熱的な不倫はエロチックな体験ができるでしょう。

トラウマの存続:


もう一つの理由は未解決の幼年期または人間関係のトラウマのために完全にパートナーにコミットできないことです。不誠実な傾向を示す男性と女性の中には過去にひどく関係を敬遠された人もいますが、彼らの不安定さにはより大きな心理的根拠があり、そのような個人が適切な助けを求めなければ、結婚は最善ではないかもしれません。

セックスレス夫婦の人妻こそ、婚外恋愛に燃えるものです。

危険な年齢:


女性の年齢、彼らはそれを明らかにすることはありませんが、あなたが魔法の妄想力を持っていない限りあなたは自分の潜在意識を欺くことはできません(ヒント、何人かの人々は欺けるかも)。ある女性が「私は永遠に29歳にとどまるわ」と言うのを聞いたことがありますか?最近のある研究 (6)によると、人々は39歳の浮気率は2倍になります。9で終わる年齢も中年の危機と潜在的な不倫が起こる年との警告がされています。   

暑い夏の夜のリムジンでロマンチックに婚外恋愛を楽しんでみるのもいいものです。

若すぎる結婚:


過去のもう一つの遺物、早婚のパラダイムは最近ではまじめに取られていません。25歳ぐらいになるまでに子供がいて結婚していることが一般的な社会の大部分を占めていました。言うまでもなく、これは人が性的欲求を持った大人として、探求し、自己として成長する余地をほとんど残しませんでした。どんなフェミニストをも怒らせるであろう女性の性別役割の定義を全部集めてみてください。そうすれば、女性が中年の人生を、失くした機会を再訪するためのチャンスとする理由がわかるでしょう。男性にとっては、インセンティブは老化への抵抗過去の栄光の再現かもしれません。

見合い結婚:


政治的正しさの範疇では不人気な、お見合い結婚が多くの東洋文化における社会経済的安全保障の典型でした。西欧への移民と現地の文化に溶け合うことにより、これらの文化はパートナーを見つける方法をより有機的な手段に適応させていますが、まだ過去の長い間の習慣から逸脱するには至っていません。オンラインデートサイトが秘密保持のための安全な場所として設定されているので、危険にさらされている女性はようやく抑圧された探索への感情を吐き出すための出口を手に入れます。それは婚外恋愛と同じくらい女性を求める女性もふつうのことかもしれません。 

地位のためのセックス:


もう一つの人気のないもの。昇進や社会的地位の向上を模索している女性は、上司を不倫に誘惑することに楽しみを感じるかもしれません。子供がいなくて夫が職業上の優先事項を妻に任せている場合、まあ…残りはおのずから明らかです。

感情的に身体的:


最後に、一般的な場合を意図的に調べてみましょう。感情的に無視された妻は、簡単な決まり文句ですが、女性が浮気する最も一般的な理由として私たちの注意に値するでしょう。孤独感と彼女の配偶者とのつながりの欠如および親密さの欠如は強力な不倫の引き金です。孤独な妻は無視された結果なのです。最後に、女性は性的な生き物でもあるので、身体的にも触れられたいし、性的満足は幸せな結婚にはまだ必要であり、どんな女性でも彼女のニーズを満たすに値します。そうでなければ彼女たちには、指先一本で不倫デートアプリをダウンロードするオプションがあります。

不倫の密会に最適な場所


  1. 二人きりで過ごせて配偶者が選びそうもない、ありそうもない近所のどこか。
  2. 公園または自然。高い木と人里離れた屋外はランデブーに絶好のロケーションのようです。ピクニックのお弁当を持って行ったり、途中で食料を買って行ったり。
  3. ホテルありきたりで決まり文句ではありますが、そうでしょうか?興味深い場所の近くに、またはドライブを口実に予約しましょう。
  4. コンピューターの画面。それもまたサイバー・セックスやスカイプ・セックスで知られています。テクノロジーの力はもはや冗談ではありません。新しい感情的なつながりの場について言うならアダルトデートサイトはあなたに無制限にアクセスできる場を与えてくれるでしょう。

男女の物語:


男女に関していくつかの間違ったコンセプトをあげることができます。確かに、彼らが恋愛に求めるモチーフは違っても根底にあるのは同じで、スリルという人生にかけている一片を求めて静かに眠りつくことが出来なくなるのです。人生一度。 不倫をしましょう™

不倫は人の恋心を取り戻してくれます。

言語

あなたのように内密なコネクションを望む数百万人のメンバーが待っています

Ashley Madison uses cookies
We use cookies on this site to help provide you with the best online experience. To accept cookies, continue to use the site as normal. For more information about how we use cookies and guidance on how to manage your cookie settings, please see our Cookie Policy.