cdnUrlPath=/不正行為=cdnUrlPath

不倫行為

:それは誤解ですか?
あなたのステップに戻ってバネをいれて...

不倫行為は長い間地球上で起きていることであり、単なる最近の現象ではありません。人間は不貞をおかします、そうです、しかし多くの生き物もそうです。騙すことは多くの種の個人に利益をもたらします。よくある形式には、擬態、カモフラージュ、不義、おどしなどがあります。(4) 人間は通常勝つために必要なことは何でもします。食料、土地、結婚をめぐる闘争、特にあらゆるものが不足しているときは、すぐに厄介になる可能性があります。

旧石器時代の人間と初期の先住民文化では性的関係が無差別であり、これは彼らの生存に深く関係しています。(14) 繁殖し、食べ、生き残り、繁栄する - 規則は簡単で、それが受け入れられました。

何世紀にもわたる文化の変化は、関係と不倫行為の概念を再定義しました。

「cheat」という言葉の歴史


「チート」という言葉は700年以上前から使われています。それは14世紀後半、15世紀半ばのフランス語の "escheat"から来ています。これはテナントの資産を家主に譲渡することを意味しています。(1)そしてそれは主に腐敗した役人たちが行っていました。

それで、16世紀半ばまでには、「escheat」は短縮されて行きました。16世紀後半から、単語は盗まれたもの、または泥棒を指しました。

この言葉が、浮気を指すようになったのは1930年代に入ってのことです。(1) とです。

不倫、浮気、不貞 - すべて同じではありませんか?


不倫、浮気、不貞。恋愛について話すとき、それらはよく使われています。しかし、それらはまったく違うこともあります。

浮気は感情的です。それは、本質的には、あなたが結んだ関係の境界を消して行う、肉体的、感情的または社会的裏切り、するつもりでなったことをすることです。それは必ずしも肉体的性交渉を伴うわけではありませんが、信頼の裏切りです。

不貞は騙す行為で、不義でもあり、恋愛関係、結婚、法令の境界を超えて、他人と性交渉を持つことです。関係のあるパートナーの一方は信頼関係にあります。「不貞」は離婚の際の法的な要因となります。不倫と違い、不貞は感情的でなく性的関係になりがちです。(2)

不倫は、しかしながら、セックスや感情以上のものです。それは必ずしも反対されるわけではなく、必ずしも一人の人がパートナーのもとを離れていくという意味ではありません。私たちは間違いや善悪を利用したり正当化するために騙します。

映画で不正を称えます。「Now you see me」や「Tower Heist」といった映画は現代のロビンフッドで、良い人が金持ちから盗んで貧しい人に与えます。

逃げるためにも不正します。時には毒になる関係や、パートナーの屈辱から逃れるために不倫したりします。これは、どう考えても浮気ですが、結局自分の身を守ることになります。

というわけで、不倫は不貞であり、不倫は浮気ともなり得るのです。しかし、それは配偶者やパートナー以外の人と寝ることよりもはるかに大きなことです。それは、良いことにもなり得るのです。

不正:どうして不正をするのか。


アメリカの後期ビジネスマン、Joseph B Wirthlinは次のように述べています。

うそをつく、盗む、不正は当たり前です。(3)

そしてそれは真実です。不正は私たちの身の回りにあるのです。みんながしてきたことです。成功をしたくて、気分を良くしたくて、勝利を得たくて必死です。(4)

ほとんどの人間は何らかの形で不正をします。つまり、それができるとき、何度も、必要なときにそれを利用するということです。(4)

不正行為は、良くも悪くも人々が自分の目標を達成するのを助けます。生活の中で、ビジネスの中で、スポーツの中で、人間関係の中で、人々は不正する傾向があります。 (4) 可能な限り低いコストで何かを入手する方法です。 (4)

他の人がそれをやっていて、それが上手くいって、彼ら(同僚、友人)がそれを受け入れているとわかったところを見ても、私達は不正をする傾向があります。これは私たちの行動を変えます - 私たちはそれが問題ないと考え始めるのです。 (5) ペンや鉛筆を仕事先から持ち帰ったことがない人がいますか?捕まらなければ、いっそう良いでしょう。

おそらくこれが理由で、次のようなことが起こるのです。

  1. 幹部が危険な決定を下す
  2. 人々は自分の履歴書にうそをつく
  3. 交際中の人々が不倫をする
  4. 運動選手がドーピングする

歴史のなかのうそ


先史時代のセックス(危険な時代の恋人たち)

旧石器時代の人間と初期の先住民文化は、すべて生存のために性的関係が無差別だった。彼らは一緒に暮らし、一緒に寝て、子供たちを育てました。繁殖し、食料を与え、生き残り、繁栄する - 規則は簡単だった。

旧石器時代の女性は非常に無差別に性的関係を持ち、男性達が同じ女性とのチャンスを待つことは珍しくなかった。(6)

植民地化前の不正行為

ヨーロッパの植民地化の前は、世界中の先住民族のコミュニティは、性と愛に関してはよりオープンでした。性的な関係は奨励され、結婚前のセックス 婚外交渉 は裁かれませんでした。近親相姦はすべての階級、特に上流階級で珍しいことではありませんでした。結婚はいつまでも続くものではなく、人々は容易にそして判断なしに新しいパートナーに乗り換えました。オープンな結婚は、あなたが思うほど珍しくありませんでした。一夫多妻制は、多くの文化において、下層階級と上流階級の両方における結婚の重要な部分でした。ハワイの「Ume」(7) そしてインドのGhat Kanchuki(8) はこれらの文化の一部でした。

ヨーロッパ人が現れたとき、性的関係の保守的な価値感が先住民族に課されました。これ以前には 一夫多妻制(Punalua) はかなり一般的でした。

ビクトリア朝とエドワード朝時代の不貞

19世紀半ばから20世紀初頭にかけて、特に真の力を持たなかった女性には、結婚が奨励されました。

すべての女性が結婚に向いている訳ではありません。家庭を持ち、子供の世話をしたり、そして上層階級の女性にとっては、使用人の管理をすることは、若い主婦にとってはとてもつまらないことです。多くの女性は自分たちが選んだ方法で生きる自由を求めていました、そして他の男性(または女性)との関係は自由と興奮へのステップでした。不倫する主婦 は、21世紀だけの現象ではありません。

既婚男性は結婚していながら他の女性と自由に関係することができ、それでも彼らの妻は離婚することを許されていませんでした。一方で、孤独な主婦が不倫をすると、夫は彼女と離婚し、子供の親権を訴え、妻の評判を傷つけます。

しかし、上流階級の 既婚女性や予期せぬ子供たちが家族に迎え入れられるのは一般的でした。

既婚/未婚男性が売春婦を探すのも一般的でした。売春婦は「ふしだら」「汚れた」と見られていました。彼女らはその大胆さ、独立性および精神により、社会から罰せられていました。

今日の不倫行為

1970年代には、男性の63%と女性の73%が不倫を受け入れていませんでした。今日では、男性78%、女性84%が不倫は良くないと考えています。(9)

しかし、それでも人々はこの行為をしています。実際、これまでの歴史の通り、男性は不倫しやすいようです。しかし、今日女性はより強く、より自立し、そして不倫することも増えました。ほとんどの人は自分のお金と自分のキャリアを持っており、1990年代より40%も不倫をする可能性があります。(9)女性の社会進出の拡大し、職責が重くなり、出張する機会が増えて、それをすべて容易にします。そして、彼女らの多くは罪悪感という方程式はないようです。

なぜ人々は彼らのパートナーを騙すのか?


不倫行為について驚くべきことの1つは、それが必ずしもセックスが目的ではないということです。ある調査によると、不倫をする男性の92%は、セックスのために不倫していません。彼らは自らのパートナーとのつながりを感じないからです。愛情が消えたのです。(9)

私たちは不倫を非常に幅広い意味合いでとらえる傾向があります。私たちはそれを、他人とのセックスであり、パートナーを無視することとしてとらえます。ほとんどの人は故意に不倫しません。通常、もっと大きな理由があります。その背後には、考えることなしに、そして結果を考慮せず、行動させてしまうものがあります。あるいは、結果が簡単なことであるためかもしれません。

それはもっと何かを必要とすることであるでしょうし、通常はそうです。

その実情

なぜ私たちは不倫するのでしょうか?それは私たちのDNAに秘密があり、生物学的な性質であるという人もいます。ナーチャーvsネイチャー、性別、働きすぎや育児に気が行っているパートナー、楽しむチャンス、退屈で セックスレスの結婚、虐待的な結婚、感情的に苦痛な結婚 - 不倫につながる理由はたくさんあります。

男性と女性はさまざまな理由で不倫します、そしてそれは常に白黒はっきりしたものではありません。時にはそれはただの酔った上での冒険ですが、ほとんどの場合、それ以上です。その理由を調べるために調査が行われ、アシュレイ・マディソンは2017年と2018年に何度も調査を実施しました。

何が原因であるにしても、不倫行為をしている人は悲しいことがあるようです。彼らは自分たちの生活や結婚生活の中で何かが足りないと感じているのです。もしかすると、パートナーとの相性がよくないのかもしれません。私たちは自尊心が低く、パートナー以外の人からの自信を得ることに魅力を感じているのかもしれません。

55%の男性が不倫を考え、44%が不倫をしています。(10)<39%の女性が不倫をしたことがあり、35%がそれを考えています。(13)

しかし、それは惨めな結婚の現実を逃れることよりも、不倫にはもっとたくさんの要因があるようです。男性の54%、女性の34%(9)が、不倫をする前に結婚生活に問題はなかった。ほとんどの人は関係を探しているのではなく、ただ楽しみを探しています。

これらが人々がパートナーを騙す主な理由です:

セックスのための不倫

回答者の61%が、セックスのために不倫していると答えました。(11)<彼らが最も興味をもっていたのは 密かな出会い でした。 このうち76%が、彼らの情事は性的要求を満たしていると答えました。 (11)

私たちは性的生き物であり、セックスは常に私たちの関係の重要な部分であり、私たちの人間としての性質の重要な部分になるでしょう。

関係を維持するための不倫

より幸せであるため、そしてより健康でより安定した結婚を維持するために不倫をして、現在の関係を続ける人もいます。愛は強い感情であり、人々は不倫することをいとわないかもしれませんが、まだ彼らが結婚した人を愛していて、子供もいて、それらを失いたくない人もいます。

結婚や人間関係は厳しく、時には自分が望んだものを手に入れられないとき、人々は他に目を向けます。それを修復するためには時間をかけるべきですが、修正が不可能な場合もあります。そしてまわりの人には見えない理由で、人々は不倫をします。

アシュレイ・マディソンの調査によると、「とどまるために不倫をする」ことは非常に一般的です。

このうち、調査した人々の54%はパートナーと別れたわけではなく、一時的で楽しいものを望んでいます。彼らの約半分、51%は、情事が彼らに新たな活力を吹き込んでいると言い、50%がセックスを求めていると言っています。(12)

関係から抜け出すための不倫行為

あなたが悪い関係にあり、別れる方法がわからない場合があります。あなたは抜け出せなくなり、そしてこれがあなたができる最善なことだと思うかもしれません。別の関係を見つけ、悪い関係を断ち切る力を得るために 大人のデートの世界に入るのは珍しいことではありません。あなたはより気分が良くなり、強く、そしてパワフルに感じるかもしれません。あなたは他の誰かと一緒にいること、現実、あなたの関係がどれほどひどいかを忘れてただ幸せになれます。

そして、時々パートナーに見つけさせて、これによって関係を立つことができるかもしれません。それは、あなたのパートナーにとっても、関係から抜けだす機会かもしれません。不倫すること、悪人になること、そしてあなたがもうそこにいたくないものから抜け出すのは簡単です。

別れたい、不健全な関係を終わりたい時、私たちは不倫をするのかもしれません。不倫が私たちにそうする力を与えるものかもしれません。

あなたのパートナーを裏切ることは、あなたが運命を選ぶ力を持ったり、自分をもっと理解したり、そしてあなたが幸せになるためにする必要があることは何でもできるということでもあります。

女性は恋愛が関係に発展することを求める傾向があります。(9)彼女たちは幸せな関係を求めて不倫するのかもしれません

愛情、友情のための不倫

アシュレイ・マディソンの調査の回答者の多くは、不倫行為は感情的なニーズを満たしていると答えました。調査された2,018人のメンバーのうち、アシュレイ・マディソンのメンバー全員が、感情的な不幸、そして誰かに気にかけてほしいという気持ちが不倫をする主な理由でした。

42%の人が(12)が配偶者や重要な他の人ではない人との友情のため、37%の人が感情的な支えのためと答えました。(11)

自己満足のための不倫行為

私たちはもっと欲しい、もっと感じたい、もっと良くなり、もっと手に入れたいと思うことがあります。アシュレイ・マディソンの調査に答えた人々は、情事が彼らに「より生きている」と感じさせたと言っています。彼らは彼らのパートナーを裏切ってはいるが、自分自身を騙してはいません。

人々は、自分が誰であるか、彼らの本来の信念および価値観とは何であるかを失い、情事が人生の支えとなると感じることに気づく傾向があります。

それは必ずしも悪い関係が原因ではありません。それは自己探求的なものである可能性があります。そしてパートナーが原因ではありません。それは不倫をしている本人にとってのものなのです。

興味深い点:

不倫をする女性は感情的なつながりを探しているといつも考えられていました。現実はこうです:

  1. 女性の43%が、身体的な側面を望んでいると答えました。(13)
  2. 5%が頭脳で人に惹かれました。(13)<不倫相手は、一般的にパートナーよりも高い教育を受けていました。< li>
  3. 女性の54%が子供を産んだ後に最初の不倫を経験しました。女性は家事をするようになると、退屈になり、家族の世話をしている間に自分を失います。(13)<

そして、夫の約10%が妻の妊娠中に不倫をしている推定されています。これは、ほとんどの場合、セックスが少ないことに起因します。(14)<

以下は彼らの不倫相手です

アシュレイ・マディソンの調査では、だれと不倫するかを女性と男性に尋ねました。酔った勢いで誰かと不倫をする人もいますが、どのように誰と不倫するのかを考える傾向にあるようです。回答者のほとんどは、彼らが知っている誰かと不倫をします。

  1. 調査した男性27%の相手は友人や同僚でした(13)<
  2. 28%の女性が、不幸な時友達に安らぎを求めます (10)<
  3. 調査した女性の15%の相手は同僚でした (13)<
  4. 17%の女性が上司と不倫をしています(13)<
  5. 調査対象の35%(男女を問わず)は、出張中に不倫をしました(15)<

別の調査では、男性の88%が恋人の外見は無関係であると言っています。これはまた、セックスのためだけではない不倫をすることが多いことを示唆しています。 (9)

不倫行為は悪いですか?常にそうではありません。私たちはそれをすることを恥じるべきですか?決して恥じるべきではありません。不倫行為をする理由があります、そして、私たちは密室の中の見えないものを判断することはできません。

恋愛は複雑です。ほとんどの人は不倫行為に同意しないと言っていますが、不倫行為をしている人の数をみるとそうは言っていません。 2018年までに、世界中で5300万人以上の人々がashleymadison.comにサインアップしていました。それらの不倫している人の多くは、専門の 既婚デートアプリを使用して密かに接続します。不倫行為は、一部の人が考えるよりもはるかに複雑になる可能性があります。

不倫行為は通常、相手が問題ではありません。それは不倫する人自信の問題なのです。

言語

あなたのように内密なコネクションを望む数百万人のメンバーが待っています

Ashley Madison uses cookies
We use cookies on this site to help provide you with the best online experience. To accept cookies, continue to use the site as normal. For more information about how we use cookies and guidance on how to manage your cookie settings, please see our Cookie Policy.